水泳 肩こり 悪化

水泳は逆に肩こりを悪化させる!?

スポンサードリンク

肩こりを解消する方法として、運動を取り入れるって定番ですよね。
肩こりは運動不足によって血行が悪くなっているのが原因なので、運動を取り入れるのは効果的です。

 

その中でも、水泳が肩こりに効果的だと聞いたことのある人もいるかと思います。
しかし、肩こりを悪化させる意外な落とし穴が水泳にはあるんです。

 

今回は、その肩こりに効果的な水泳の意外な落とし穴について紹介していきます。

 

まずはじめに、水泳がなぜ肩こりにいいと言われるのでしょうか?
その理由の一つが有酸素運動であるということです。
疲労物質の乳酸が筋肉にたまることによって肩こりが引き起こされます。
そこで、水泳では息継ぎによって全身に酸素がいきわたり、乳酸が酸素によって分解されるので、肩こりが解消されます。

 

また、肩周りの筋肉を使うので、肩の血行が良くなります。
それに加え、有酸素運動になるように、ゆっくりマイペースに泳ぎ続ける必要があるので、無理な負担を身体にかける心配がなくなります。
スポンサードリンク

このように有酸素運動も出来て、身体への負担も少ない水泳ですが、間違ったやり方をしてしまうと、肩こりを悪化させる原因にもなります。
まず、全力で泳ぐと有酸素運動が出来ないという点です。
泳ぐのにあまり慣れていない人が急に泳ぎ始めると、恐怖心から溺れるように全力で泳ぐので、有酸素運動になりにくくなります。
こうならないように、正しい泳ぎ方を身につけて、リラックスした状態で泳いでみましょう。

 

また、平泳ぎをする人も中にはいると思いますが、素人の方がやるときに、息継ぎのために頭を上げようと首を逸らしてしまいます。
すると、頚椎を圧迫してしまうので、首の筋肉に余計な負担がかかってしまい、肩こりの原因になってしまいます。

 

そして、人によっては肩甲骨が前方に寄っている人もいるでしょう。
その人が、クロールをすると、更に肩甲骨が前方に寄ってしまいます。その場合は、背泳ぎをして、肩を後ろに回すようにすると効果的です。
逆に肩甲骨が後方に寄っている人は、クロールをすることでバランスよく肩甲骨の筋肉を使えるので肩こりが解消します。

 

以上のことから、

 

・リラックスしてゆっくり泳ぐ
・肩甲骨を意識してそれに合った泳ぎをする

 

ということを意識して、水泳をぜひ取り入れていってみてください。
スポンサードリンク