肩こり 枕 低反発 高反発

肩こりには低反発と高反発の枕はどう違ってくる?

スポンサードリンク

あなたはいつも寝るときに低反発の枕と高反発の枕、どちらを使っていますか?
人によって好みもあるので、どちらを使うかは人それぞれですよね。

 

私自身は、低反発まくらなんかを使っていたりしますが、少し肩がこってしまうこともあります。
そんな低反発枕と高反発枕ですが、それぞれにメリット・デメリットがあり、それが肩こりにも関係してきます。

 

今回は、そんな低反発枕と高反発枕のそれそれのメリット・デメリットと肩こりの関係性について紹介したいと思います。
まずは、低反発まくらのメリット・デメリットについて紹介します。
低反発まくらのメリットは、自分の身体に対して合わせやすいということです。マシュマロのようなモチモチとしたスポンジ状になっているので、寝るとゆっくりと体にあった高さまで沈み込んでくれるんですね。そのため、頭の形に馴染みやすいので、熟睡もしやすいです。
また、それによって体重をうまく分散させてくれるので、首への負担も少なくしてくれることもあります。
スポンサードリンク

デメリットとしては、人によっては、低反発が身体に合わない人がいるということです。
頭が沈み込みやすい低反発まくらでは、寝返りを打ちにくく、人によっては頭や首に負担が掛かってしまうことがあります。
ですので、身体に合わないという人は、使用を控えたほうが良いかと思います。

 

逆に高反発まくらのメリットは、反発力が強いので、寝ている時に寝返りが打ちやすいということです。
寝ている間のストレッチを寝返りは担っているので、寝返りをうつことで、肩などの疲れやこりもとれやすくなるんですね。
さらに血行やリンパの流れも良くなるので、むくみや肩こりからの偏頭痛にも効果があります。

 

高反発まくらのデメリットは、使用していくと、どんどん弾性がなくなってしまうことです。
低反発まくらに比べ、高反発まくらは、反発力も高く、表面も硬いので、寝心地がいいという人はそれほど多くはありません。

 

どうだったでしょうか?
ぜひ、これを参考にして、自分に合った枕を見つけてみてください。
スポンサードリンク