肩こり 吐き気 寒気

肩こりの他に吐き気と寒気がある人は要注意?

スポンサードリンク

肩こりってなかなか解消されないといつまでも引きずってしまって、なんとなく不快ですよね。
このサイトを読んでいる人の多くも肩こりに悩まされている人が多くいるかと思います。

 

さて、そんな肩こりですが、肩こりと一緒に吐き気と寒気を感じた経験はあるでしょうか?
もし以前そんな経験がある、もしくは今現在肩こりの他に寒気や吐き気を感じている人は、早めに病院に行って医師に診てもらうことを推奨します。
こうした、肩こりや吐き気、寒気は、場合によっては重篤な病気の兆候になっている場合もあるからです。

 

今回は、そんな肩こりと吐き気や寒気を感じた時に考えられる病気についてご紹介します。

 

まず、「肩こり」だけを感じている場合です。
肩こりは、肩周りの筋肉の血行が悪くなってしまって、肩の疲労が回復しないことによって引き起こされます。そのため、ただの肩こりであれば、肩周りを温めるなどして血行を良くしてあげれば、肩こりも解消されます。
また、狭心症などといった心臓疾患の前兆として「肩こり」が現れる場合があります。その場合は、自分ではどうしようもないので、専門の医療機関で診てもらうようにしましょう。
スポンサードリンク

「吐き気」が襲ってきた場合は、胃炎や食中毒の場合もあります。
また、精神的に不安定になっている時にも起きる場合があります。

 

そして、肩こりの他に「吐き気」と「寒気」、さらに「頭痛」が襲ってきた場合、インフルエンザやノロウイルスなどの感染症が原因になっている時があります。
その場合は、悪化したり、周りに感染させないように気をつけましょう。

 

特にインフルエンザは、ウイルスによって引き起こされますが、市販の薬は効果がありません。
ですので、市販の薬を飲んだからと放置せず、早い段階で医師の診断を受けることをオススメします。

 

肩こりだけなら、さほど問題はありません。
しかし、今回紹介したように、吐き気や寒気が一緒に襲ってきた場合は、別の病気が隠れている可能性もあるので、自己診断せずに医師などに相談するようにしてみましょう。
スポンサードリンク