肩こり 湿布 効果

肩こりに湿布って効果があるの?

スポンサードリンク

あなたは、肩こりを解消させるのに、湿布を使って解消しようとしますか?
日本人の多くが肩こりに悩まされているのではないかと思います。
特に1日中デスクワークなどで机に座りっぱなしだと、ずっと同じ姿勢になってしまい、肩こりになりやすくなってしまいますよね。

 

私も日頃パソコンに向かって作業している事が多く、気づくと肩が凝っていたりします。

 

しかし、仕事などで運動などがなかなか出来ないと、肩こりがずっと続くことになってしまいますね。
そんな時に、湿布を貼ると肩こりが解消されるという話はよく聞きますよね。
テレビのCMなどでも湿布が取り上げられていることが多いですね。

 

そんな湿布ですが、実際肩こりにはどのくらいの効果があるのでしょうか?
実は、肩こりに対して湿布はほとんど効果が無いでしょう。
あっても、マッサージなどのほうが、より効果的だと考えられます。

 

では、なぜ肩こりに湿布を貼ると効果があると思ってしまうのでしょうか?
今回はそのことについて触れていきいと思います。
スポンサードリンク

そもそも多くの人が悩まされている肩こりって何でしょうか?
それは、肩周りの血行が悪くなってしまっている状態のことを言います。
そしてそれは、主観的に見て、不快感や重苦しさ、痛みなどの症状の総称だとされています。

 

それでは、なぜ肩こりの部分に湿布を貼ることで効果があると感じてしまうのでしょうか。
その答えは、湿布に含まれる鎮痛作用にあります。

 

肩こりには痛みなどが伴って、それが不快感につながっていることもありますよね。
湿布はそんな痛みを和らげてくれる効果があります。
それによって、痛みがなくなったので肩こりが解消されたと思ってしまうことが多いのだと考えられます。

 

ですので、根本の原因を取り除かない限り、肩こりは厳密には解消されたと言えないんです。
ただし、温湿布などなら血行をよくする作用もあるので、まったく効果が無いわけでなないでしょう。

 

いかがでしょうか?
今まで湿布だけで肩こりを治そうとしていた人は、ぜひ一度自分の肩こりの原因がどこにあるか考えてみてはどうでしょうか?
スポンサードリンク