肩こり 原因 心筋梗塞

肩こりの原因は心筋梗塞の前兆だった!?

スポンサードリンク

肩こりは誰しもが一度は経験したことがある症状だと思います。
首や肩まで肩こりが広がってしまったり、肩が張ってしまって動かしづらかったりしますよね。

 

特に最近ではスマートフォン7やパソコンが普及してきて、より多くの人が肩こりに悩まされていることと思います。
しかし、そんな肩こりが左肩にだけ出てしまった時は注意が必要です。
それは、ある病気の前兆のサインの可能性があるからです。

 

今回は、そのある病気と肩こりの関連性について紹介していきたいと思います。

 

さて、そのある病気とは何でしょうか?
それは「心筋梗塞」という心臓の病気です。

 

「心筋梗塞」とは、血栓によって心臓の冠動脈が塞がれてしまい、そこから心筋が壊死してしまう病気です。
放置してしまうと、全身に血液を送る心臓のポンプ機能が失われて死に至ります。
スポンサードリンク

「心筋梗塞」の原因は、喫煙や過度な飲酒などの生活習慣の乱れや、塩分が多い脂っこい食事などが主です。
左肩だけの肩こりというのが、この「心筋梗塞」の前兆を現す危険なサインで、いち早くこの異常を察知することが、あなたの生死を分ける分岐点になります。

 

この左肩だけに心筋梗塞の時に肩こりが出る要因は、「放散痛」と呼ばれるものです。
「放散痛」とは、自分が痛いと感じる場所と、実際に痛んでいる場所が異なる現象のことです。心筋梗塞では心臓の痛みが80%を占めますが、それ以外にも肩に痛みを感じることがあるんです。

 

心筋梗塞では、心筋が壊死して痛み出すのは心臓ですが、痛み物質が心筋から分泌すると、その物質は自律神経を通じて、脊椎の中にある神経を経由して脳に伝わります。その途中で、肩の神経と、痛みが通る神経が交わってしまっているので、混戦することで肩の痛みと心臓の痛みを脳が錯覚して、肩が痛くなってしまうんです。左肩からの神経と心臓からの神経が通り道が同じなので、こりや痛みが左肩にだけ出やすくなってしまいます。

 

もしあなたも、朝起きた時などに、左肩だけ妙に重かったり筋肉が張ってしまっていると感じたら、すぐにかかりつけの医師などに相談してみるようにしましょう。早期発見が回復の鍵です。
スポンサードリンク

肩こりの原因は心筋梗塞の前兆だった!?

スポンサードリンク

 

肩こりは、誰しもが一度は経験したことがあるほど、ポピュラーな病気です。
肩が張ってしまって動かそうにも動かしづらかったり、肩のこりが肩だけでなく首や背中にも広がってしまうことだってあります。
特に最近ではスマートフォンやパソコンが普及してきて、その分肩こりに悩まされるようになった人も多くいるかと思います。

 

しかし、そんな肩こりが左肩にだけ出てしまっているときは、要注意しなければなりません。
それは、心筋梗塞のサインになっているかもしれない可能性があるからです。

 

今回は、そんな肩こりと心筋梗塞の関係について紹介していきたいと思います。

 

まず、あなたは「心筋梗塞」がどんな病気だか知っていますか?
心筋梗塞は、血栓などで冠動脈が