肩こり 枕 なし

肩こりは枕なしの方が効果的!?

スポンサードリンク

あなたは寝て起きたら首や方が凝っていた経験がありますか?
寝てる時って、知らず知らずのうちにおかしな体勢になっちゃうこともありますけど、それにしたってひどい時がありますよね。

 

私自身も枕がないと眠れない性格なので、寝るときは必ず枕に頭を乗せて寝ています。
しかし、たまに起きた時に何故か肩が凝っていた経験があります。

 

実はこれ、枕が原因で起こっている可能性があります。
私達の体には、頭や首、肩、腕、指先にかけて、8本の太い神経が首から伸びています。
そのため寝ている時に首に過度な負担が掛かってしまうと、頭痛や、首こり、肩こりを引き起こすことがあります。

 

自分の体にあわない枕を使って寝ていると、首から伸びている神経が、首の角度に無理が出ることによって圧迫され、首が疲れてしまいます。
すると、先ほど述べたように、首や肩が朝起きた時に凝っているという状態になってしまいます。
スポンサードリンク

それに、このように首の神経が圧迫された状態では、寝付きも悪くなり、途中で目が覚めてしまうこともあります。
特に、朝起きた時には肩や首に痛みがあるけれど、しばらくすると治ってしまう人は、寝ている姿勢に問題があることが明らかでしょう。

 

肩こりの場合は、不安定になる枕を使っていたり、必要以上に高さのある枕を使っていると、首に負担が余計にかかってしまいます。
そんな時には、寝るときには枕なしの方が効果的だったりします。

 

寝るときに枕を使わないことで、枕を使っていた時に曲がっていた首が体とまっすぐ平行になって、首や頭に行く血液の流れが改善され、首のこりや肩こりが解消されるようになります。
それに加え、これによって頭に行く血液の量も増えるので、自然と栄養が頭皮に行きやすくなって、育毛効果もあります。
ですので、寝起きに肩が凝っているという人は、一度枕なしで寝てみてはどうでしょうか?

 

ただし、中には枕がないと逆に肩が凝るという人もいると思うので、そういう時は、低い枕などを使うことで肩こりが解消されます。
ぜひ自分の体にあった方法を試してみてください。
スポンサードリンク