肩こり マッサージ 自分

肩こりに効く自分で出来るマッサージ方法とは?

スポンサードリンク

ついついデスクワークが多かったり、同じ体勢でいることが多いと、どうしても肩が凝ってしょうがないですよね。
はたまた、学生などでも、試験勉強なんかで、数時間机に向かって勉強するだけで肩がこる人もいるでしょう。

 

現代はIT社会でもあり、日頃どうしてもパソコンが欠かせませんから、職業病とも言えるくらい慢性的に肩が凝ってしまいますよね。

 

肩こりの原因にはいろいろなものがありますが、その元を辿って行くと、運動不足から来ていると言われています。
運動だからといってサッカーなどのように激しい運動をする必要もなく、全身運動、例えばラジを体操なんかををこまめに取り入れていくことで、簡単に軽減できてしまうんですね。

 

逆に何もせずにそのまま放っておくと、次第に肩の筋肉が凝り固まってしまい、慢性の肩こりになってしまいます。
ですので、こまめに少しずつ筋肉を動かしてあげることが重要です。

 

例えば、ラジオ体操するのもいいですが、少し重めのダンベルなんかを手に持ち、腕に力を入れない状態で肩回しを肩の力だけで行うなども、肩の筋肉が適度にほぐれるのでオススメです。
スポンサードリンク

また、ひどい肩こりには、そうした運動やストレッチの次に、マッサージをするといいでしょう。
肩こりの原因は先ほど述べたように色々とありますが、主には筋肉が血行不良でガチガチになってしまっている状態のことです。
女性の場合には、合わないブラジャーをしているだけで肩が凝ってしまう人や、冷え性から肩こりを発症する人も多いようです。

 

それ以外にも、猫背などの姿勢の悪さや、目の疲れによって肩こりになることもあります。

 

しかしながら、肩こりが酷いからといって、肩を強く揉み過ぎて筋肉繊維を傷つけてしまったり、急に揉み始めて「もみ返し」が来てしまうこともあります。
そうならないためにも、まずは軽くストレッチなどをしてから、リンパが流れているところを中心に、手のひらで撫でるようにマッサージすることで、効果的に筋肉を解し、血行を良くすることが出来ます。

 

ぜひあなたも、一人で簡単にできるこのマッサージを試してみてはどうでしょうか?
スポンサードリンク