肩こり 枕 選び方

肩こりに効く枕の選び方の3つのポイントとは!?

スポンサードリンク

あなたは、どんな基準で自分の枕を選んでいるでしょうか?
高さ、柔らかさ、色、などなど、自分なりの判断基準がありますよね。

 

あなたに合う枕を使うからこそ、快適な姿勢で寝て、深い眠りにつけるので、心身の疲労を解消できるんです。
逆に、自分に合わない枕を使って寝ていると、睡眠の質が落ちるだけでなく、首や肩のこり、腰痛などの症状が出てしまう原因にもなります。

 

そこで今回は、起きた時に肩こりにならないような枕の選ぶポイントを3つご紹介したいと思います。

 

そもそも、なぜ枕によって肩こりが引き起こされてしまうのでしょうか?
その原因は大きく2つあります。

 

ひとつは、首元の支えのない枕を使っているということです。
眠っている時に首元に支えがないと、自然と頭を支える形になってしまい、肩や首筋の筋肉に余計な力が入ってしまい、寝ている間はずっとその状態が続いてしまうため、起きた時に肩がこってるようになってしまうんです。

 

また、自分の体にあった高さ以上の枕を使っている場合も、首が傾き、肩や首の筋肉が余計に緊張した状態になってしまいます。
すると、で気持ちよく感じれるような首の伸びですが、次第に時間が立ってくると、緊張状態によって筋肉が固まってしまい、肩や首がこってきます。
スポンサードリンク

では、そうならないための枕のポイントは、何でしょうか?
まず1つ目は、先ほどとは逆で首元をしっかりと支えてくれるものです。
そうすることで、首の筋肉に余計な力が入らなくなり、寝てても肩がこらなくなります。

 

2つ目に寝返りがしやすいということです。
眠っているとき人間は、何十回も寝返りを打っています。
これは、体の上下の部分を入れ替えるなど、身体の半身にだけ負担をかけないようにし、血液や体液を効率よく循環させる働きがあります。
ですのでポイントとしては、寝返り十分を打てる横幅があること、そしてある程度の反発力があるということです。

 

最後3つ目は、首の負担にならない高さであるということです。
つまり、あなたが寝た時に、気持よく睡眠ができる高さにするということです。
だいたい平均で男性4センチ、女性が3センチと言われています。
ただし、個人個人で頭の大きさなども異なるため、合う高さを自分で見つける必要があります。

 

これら3つの観点を元に、ぜひ枕を選んでみてはどうでしょうか?
スポンサードリンク