肩こり 吐き気 自律神経

肩こりと吐き気が止まらないのは自律神経のせい!?

スポンサードリンク

今の時代、肩こりに悩まされる人も多いですよね。
比較的若い人はそこまで悩んでいる人もいないですが、年齢を重ねるにつれて、四十肩など肩こりがひどくなっていきます。
また、若い人でも体質的に肩こりになりやすい人もいますよね。
ですが、実はそうした通常の肩こりの他に、自律神経失調症によって肩こりが引き起こされている可能性もあるのです。

 

視床下部にも自律神経がありますが、交感神経は人間が起きている日中は優位になって働き、副交感神経は夜に優位になるというサイクルが人間の体にはできています。
この交感神経と副交換神経は、大体12時間ごとに入れ替わることでバランスをとっています。
しかし、自律神経失調症の人は、交感神経が優位のままの状態になったままになるようにバランスが崩れてしまいます。

 

副交感神経は、夜間に優位になって働きますが、副交感神経が働いている間は、自然治癒力が活発になり、筋肉や血管が日中働いた疲労を、夜に休息をすることで、治す神経です。
しかし、この副交感神経の働きが妨げられ、あまり自然治癒力が働かなくなるというのが、自律神経失調症の症状なんです。
スポンサードリンク

さらに、バランスを崩して、本来は日中に働く交感神経が過剰に働いてしまったり、上手く交感神経と副交換神経の切り替えがいかなくなり、筋肉や血管が交感神経が働き続けることによって、普通よりも疲労するだけでなく、副交換神経の自然治癒力の働きが妨げられているために、疲労が回復されにくくなります。

 

そのため、自律神経失調症にかかっている人は、肩や腕を酷使したわけでも、激しい運動をしたわけでもないのに、肩こりになってしまうんです。
最近になって、普段はならない肩こりが治らなくて仕方がなかったり、肩こりが年中しつこくて困っている、肩こりのマッサージをしてもなかなか解消されない、という人は、一度自律神経失調症を疑ってみるといいでしょう。

 

ストレスが溜まると、筋肉や血管が脳にストレスサインを送ります。
そのため、さらなるストレスが生まれ、堂々巡りとなった結果、治りづらい肩こりを引き起こしている可能性もあるので、注意しましょう。
スポンサードリンク